暴れん坊だいちゃん 発達障害ってなぁに?

小学校3年生の息子はADHD。多動、衝動が強いタイプ。
なかなかの暴れん坊。

子育て日記…と思って始めましたが、はっきり言って日々の愚痴です(^o^;)
大が成長した時、笑い話になるように…。
その時感じた事、素直に書いてみます!ww

学校の面談

6月16日(金)



今日は、学校の面談日。

実は前回、すっぽかした…(^_^;)




すっかり忘れて、家に居たら学校から電話が来た…。


「ご、ごめんなさいぃーっ(T0T)」


毎日、学校に行ってるくせに何故でしょね?


で、変更になり本日。

忘れちゃならない!朝から気合い入ってた。



でも、ふと思った。

私は、支援級に行くのか?

それとも、通常クラスに行くのか?



大はまだ、正式に支援級ではない。

取り合えず、早目に行ってみた。



うろちょろしてたら、1学年上のお友達ママに会った。

今の担任に変わったら宿題が少なくなったと愚痴ってた。

あぁ、なんて高尚な悩み?と私はポカーンと口を開けて聞いていた。



宿題…。

懐かしい響きだ…。

2年生の途中から、まともに学年に行かなくなった大は、学力も遅れが出てるから宿題をきちんとやる!なんて。ねぇ(-_-;)



兎に角、朝起きよう!

学校を抜け出さないようにしよう!



こんな事が目標だったから。

宿題かぁ…。あはは(^_^;)



ま、大には大のペースがある。

考えてみたら、学校を抜け出さなくなった。

これは成長だ!\(^o^)/



支援級で、始まった面談。

最近の大の様子。



な、なんと今日、3年生になって初めて自分のクラスで給食を食べた!

それも、自分から行ったと言う。



2年生の大が大好きな、支援級の子も初めてクラスで給食を食べたらしい。

それに刺激されたのであろう。



一応、お兄ちゃんぶりたいらしいww

お前が頑張るなら、俺も頑張る!みたいな?



将棋も誉めてもらえた。

ちゃんと、先を読みやってるらしい。

担任の先生が相手をして、本気で指さないと負けるぞ…と、感じ本気で指したと言っていた。



もちろん大は負けた。悔しがってはいたが切れなかったらしい!

成長だ\(^o^)/




「いやぁ~凄いですよ!」



言ってもらって嬉しかった(*^^*)



1年生の女の子が「お兄ちゃん」と、呼び大の世話を甲斐甲斐しくしてくれてると、支援級の先生が笑って話してた。



「お兄ちゃん」

その響きが嬉しいのか、大も可愛がってると教えてくれた。

想像したら、可愛くて笑えた❤



まだまだ、課題はあるけれど頼りになる先生方で本当にありがたい(T0T)



でもそんな大、昨日やらかした??

教育委員会から、視察がありその結果、人員を増やして貰えるらしいが、「大変なんです!」を主張したいのに、そんな日に限り、大はちゃんと椅子に座り、黙々と勉強に励んで居たと…。

あはは(^_^;)




学校側としたら、人員を増やしたい。

そりゃそうだ。

1年生の支援級の子が増え、3年、大の学年も大を含め2人増えた。



先生方が一杯一杯なのが分かる…。

明るく元気に相手をしてくれて、居るが先生に疲労を感じる…。



申し訳ない…。



現場の人間か、足りないと訴えているのだから、増やしてくれよ!

支援級には色々な子が居る。

1人の先生が、何人かを担当するらしいが、大の様に多動、衝動が強い子も居れば、自分の思った通りに行かないと、パニックを起こしてしまい暴れ、クラスから逃げ出す子、内に籠ってしまう子。



本当に色々だ。



でも少人数で、教えれば学力も通常クラスと変わらなくなれる子もいる。

もちろん、全てではないけど。



体外、皆、書く事が苦手だ。

だから、通常級よりパソコンの授業が多い。

書けないなら、打てるようになる。

社会に出て、困らないように。



大の様に、計算は出来ても図形になるとちんぷんかんぷん。

子供によって違うから、教え方も1人1人違う。



でも、教育を受ける権利はある。



だから、そこには経費を使って欲しい。



増えないようなら、教育委員会に直談判も考えている。

ここは、うざい親になろうと思う。

間違ってますかね?



言わないより、言ってみた方が何か変わるかもしれない。

大よ、君の未来は明るいのだ!



なんか、いつも長々とすみません💦

読んでくれてる方、ありがとうございます🙇


↓お手製人生ゲームの職業カードですww


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。