暴れん坊だいちゃん 発達障害ってなぁに?

小学校3年生の息子はADHD。
なかなかの暴れん坊。
子育て日記を書いてみようかと思いました。
いつか笑い話になるように…。

少しずつの成長

6月24日(土)




眠い目を擦り、起きてきた幼馴染くんと楽しい朝ごはん(*^^*)

楽しいと、気合いが違うのね。

薬だって、あっさり飲みました!ww



後は帰宅時間まで、色々と遊ぶ2人。

幼馴染くんは、流石に大の扱いが上手い。



ゲームで自分が負けそうになると、ケチをつける大。

そこに、反論もせず大の良いようにルールを変えたり他の会話に上手く切り替えたりしてる…。



私はヒヤヒヤしながら、会話を聞いている…。

でも、時間は楽しく流れる…。

凄いぞ!その扱い方私に伝授して下さいーっ!


11時。

幼馴染くんは、習い事があるので帰って行った。

「お邪魔しました!」

素晴らしい言葉を後に…。



そうか、3年生にもなるとお邪魔しましたが言えるのか!

ほうほう。

大は言ってるのかな?




それから近所の友達の家に遊びに行くと仕度を始める大。

自分は、オセロ、将棋、UNO、袋に入れ持って行くから、人生ゲームを持って行くのを手伝えと言う。



はい??



「そんなに持って行く必要ないし、持って行けるだけで良いじゃない?だから、ママは手伝わないよ」



泣きながら反論する大。

泣く事か⁉

でも、大にとっては重大な問題なんだろう。




「俺はかぁちゃんのお願いを聞いているのに、なんでかぁちゃんは俺のお願いを聞いてくれないんだっ⁉」



「必要なら、また後で取りに来れば良いでしょ?近所なんだし」



私は大のぱしりじゃないし、そこまでおもちゃを持って遊びに行く必要はないと私は思った。

でも、そればかりを押し付けないで、持ち方を提案する。



泣きわめく大に、私は冷静に対応する…。

怒らない…。

それ以上、何も言わない…。



時間は流れる…。



すると大は、

「こっち来て」

私を呼ぶ。


着いて行く…。

鏡に八つ当りした跡がある。剣玉を投げて、剣玉の赤い色が鏡に着いている。

それを私に申告してきた。



「後で拭いておくから良いよ。でも、割れたら危ないからもう止めてね」



ここでも怒らない…。



すると、袋に詰めたゲームを肩にかけ人生ゲームを抱え

「1人で行けるな…」

呟いた。



なんだか、感動した。

ちゃんと、私の言葉を受入れ納得し、それでも持って行くと決め、持つ為の工夫をしてる…。



分かりにくい感動かもしれませんが、以前の大なら暴れて、物に当りまくり、私に暴力を振るって、ただただ怒る事だけにエネルギーを注いでいた。



そして、もうどうでも良いと投げ出していた。



嬉しいよぉ(ToT)

沢山誉め、大はおもちゃを沢山持って出掛けて行きましたww



結果、良い日だ!

と、思ってたら夕方、爆発しました…(-_-;)



テレビゲームをセーブするの忘れた!と、泣き喚き出した…。

あぁ…。

久々にパニック大を見た。



私はゲームやらないけど、その怒りは分からなくはない。

一生懸命やった事が無になるのは、悔しい。



怒りを何処にぶつけて良いか分からない大は、その辺にある物を窓に向かって投げ出した。



ゴミ箱、えんぴつ、もぉ色んな物(-_-;)

コップは投げられては堪らんと、とっさに避けた。

それでも治まらない怒り。



そこに帰宅した旦那様。

部屋はぐちゃぐちゃ。

簡単に事を説明した。

「そんなの、大が悪いんじゃん」



私は目配せした。

「余計な事を言うなーっ」(>_<)

心で叫ぶ。

火に油を注ぐセリフだ。

本人だって分かってる。



自分に対しての怒り。

まだ、私に八つ当りしてない分、成長なのだ。



喚きながら、別の部屋にあるサンドバックを叩きに行った。


↓大のストレス解消用に買いました





それでも治まらないらしく、自転車の鍵を持ち外に飛び出した。



危ない!思ったけど止められない。

ここは放っておこう。



外を見ていたら、ちゃんと左右確認して道路に出ている。

ここは、大を信じよう…。



暫くしたら、「木登りしてきたーっ」と、言って帰って来た。



なんとか自分の力で、切り替えて来たのだ。

成長ではありませんかっ(ToT)



まだまだですが、少しずつ少しずつ成長しております!

大、ママは嬉しいよぉ。



夜ご飯は、気分転換に近所のラーメン屋へ。

旦那様は仕事で居ない。


ポケモンGOがやりたいらしい。

歩いて行く途中、久々に手をつないだ。



最近は繋いでくれなくなったからねぇ。

夜のせいかな?

嬉しかった(*^^*)



今日の成長、もっともっと誉めれば良かったと思います。



いつも見て下さってる方々、本当にありがとうございます。

いつも長々となってしまい、ごめんなさい

(>_<)

ちょっと独り言

私にとって、ブログは将来の自分の為の日記でもあり、ストレスの発散場所でもあります。



人それぞれ目的は違うでしょう。

充実の日常。

充実じゃない日常。



でも、書けるって事は、まだ余裕があるから。

いや、冷静になる為に、余裕を見つける為に、ここにぶちまけているのかもしれないなぁ。

私はそっち派かな?




本当に余裕がなくなると、書く事すら忘れてしまうでしょう…。

書く力も湧かなくなるでしょう…。

どうでも良くなってしまうでしょう。



そんな時、無理する必要はないですよね?



ただ、あなたに余裕が出来る日を待ってます。

待つ女じゃないんですけどねww



どうでも良くなったなら、それも良し!

だって、あなたの世界だから。



ただ言えるのは、あなたが幸せでいてくれる事を祈っております。



すっかり夜更ししてしまいました。

ハムスター達が、暴れておりますww



なんだか物思いに更ける夜です…。


いいちこをバックに…ww


朝の愚図りは続く…

6月23日(金)



一体、どうすれば良いのでしょう?

朝のダラダラ…(-_-;)



今朝は、中々起きないし、昨日の作戦してみても

「こっち来て!」

って、私に家事をさせないし…(-_-;)



薬飲むまで、何も言わず横にボーッと座ってました。

大よ、朝の1分は主婦にとって貴重な時間なんですよ…って言っても無駄だし(^_^;)



車で待ってようとしても怒るし、今朝はとにかく「そばに居ろ!」モード。



そんなに、ママが好きかい?

よしよし…って、気分にもならないっつーの

(*`Д´)ノ!!!



う〰う〰

基本的に、待つ女じゃないのよ、ママは。



うんざり気分を悟られないように注意し、やっと車へ。

すでに8時40分。

7時までに仕度をバッチリ済ませても意味がないない…(ToT)



気持ちを切り替え、仕事へ。



今日は、5、6時間目プールだから仕事をチャチャッと済ませ学校へ。



そしたら…大は見学してた…(-_-;)

私、見守りに来た意味ないじゃないですか。


見学の理由は


「着替えるの面倒臭い」


もうやだやだやだーっ(>_<)

私を振り回すの止めてくれっ!



大はケロッと、他の見学の子と記録係りをやっている。

私にごめんなさいの気持ちはないのか?



先生に「帰って良いですか?」聞いて帰って来ました…。


もぉやだよぉ(ToT)

う〰う〰



今日は大の大好きな幼馴染くんがお泊まりに来ます。

大が前々から楽しみにしてたイベントです。

大の楽しみは聞いてあげて、好き勝手を許してる感がなんか納得行かない…。



なんかイラつく…。



帰宅した大に、確認しました。


「プール入らないなら、全部見学って出すよ。それならママ、行く必要なくなるんだからさ。今日みたいなの、嫌なのよ。

ママは、大のプールに合わせて動いてるんだからさ。それ分かってくれない?」



「…泳ぎたくなる時もあるかもしれないじゃん」



いやいやいや…。

まずは、ごめんなさいじゃないのかい?



「ちょっと勝手なんじゃない?」



「…分かったよ。次から出る」



そう、それで良いのです!

友達と、楽しそうに泳ぐ大が見たい!

その為なら、暑い中見守る事も苦にはならない!

(見守ると言うより、忘れ物でお休みの子してる子の相手したり、気分が悪くなった子を保健室に連れて行ったり…。

介助員もどきしてますww)



夜は、幼馴染くんとチューリップファミリーでたこパーして、UNOして盛り上がり大はとっても楽しそうでした!

薬も、得意そうに飲んだしww



「毎日、飲んでるんだぜ」



「大ちゃん、すげ~!」



毎日、そうであって下さい!ww


今夜は夜更しOK!

シングルの布団に、枕2つ。

その上で、すごろくしてる。



楽しそうな声が聞こえる。

こんな声を毎晩聞きたい…。



やっぱり、兄弟がいたら違ったのかな?

じじぃ、ばばぁの親でごめんよ。



でも、あの歳でこの人と結婚してなければ、大には会えなかった…。




そう思い、自分を納得させる…。



それにしても、頑張る2人。

只今、11時半。

まだ起きてます…。


私は風呂入って寝るよ!




小林麻央さんのニュース、夜になって知りました。

旦那様から聞き、言葉が出ませんでした。

子供を残して、逝かなければならなかった彼女の気持ちを思うと、なんて残酷な現実なんだろうと思います。


ご冥福をお祈りします…。